チケットプレゼント!ジャコメッティ展
スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。
アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。
またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918−1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。

本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。

チケットプレゼント!
5組10名様。締切り6月22日(木)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『ジャコメッティ展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

「ジャコメッティ展」
● 会期:2017年6月14日(水)〜9月4日(月)
● 会場:国立新美術館 企画展示室1E 
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
開館時間 10:00〜18:00(毎週金曜日・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週火曜日
http://www.nact.jp/
● 観覧料
一般1,600(1,400)円 大学生1,200(1,000)円 高校生800(600)円 中学生以下無料
 *( )内は団体料金
●巡回先:
 愛知展 2017年10月14日(土)〜12月24日(日)豊田市美術館
●展覧会ホームページ:http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

掲載画像:《歩く男機奸1960年 ブロンズ
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
増田沙織展
人の心象風景を日本画の画材と技法で表現することを試みている

増田沙織の新作展です。
ぜひご高覧ください。

増田沙織日本画展
人の風景
●会期:2017年6月8日(木)〜6月13日(火)
●時間:11:00-18:00(最終日-16:00)作家在廊日 8.11.12日予定
●会場:コート・ギャラリー国立
 東京都国立市中1-8-32
●作家WEBSITE:https://www.saori-masuda.com/
●会場WEBSITE:http://www.courtgallery-k.com/index.html

増田沙織 Saori MASUDA
1986年 埼玉県生まれ
2008年 武蔵野美術学園 造形芸術科 日本画コース研究過程 修了
個展,グループ展多数。
第66回 市川和英展
木製のパネルに洗練された色彩で着彩された半立体の作品。近年の新作を数多く展示。
思うに、近代以降の絵画、彫刻の展開は、「突出」と「正面性」
というたった二つの誘惑にもとづいているかのように見えるというのはとても興味深いことである。
しかも、あらゆる芸術ジャンルの中で、美術のみがそれらの誘惑の快楽と空間的問題を可能にしている。 画集より

会期:2017年5月16日〜5月27日

会場:色彩美術館

時間:午後1時〜午後6時

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-8-810

TEL 03-3406-9166 FAX 03-3406-9182

休館日:日曜日・月曜日・祝祭日及び展示入れ替え時期

公式HP:http://color-museum.jp/exhibition/823
チケットプレゼント!サンシャワー展
国立新美術館と森美術館による初の共同企画展覧会
「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980 年代から現在まで」が
7 月5 日から開催されます。
ASEAN10 カ国より85 組(予定)のアーティストを選定、計約180 点の作品を2 館の会場に展示する、国内最大規模の東南アジア現代美術展です。

人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。

「サンシャワー(天気雨)」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。
本展では、自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。

【チケットプレゼント!】
5組10名様。締切り5月22日(月)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『サンシャワー展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980 年代から現代まで」
● 会期:2017 年7 月5 日(水)〜10 月23 日(月)
● 会場:国立新美術館 企画展示室2E /森美術館 
・国立新美術館
 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
 開館時間 10:00〜18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00 まで)
 ※入場は閉館の30 分前まで 休館日 毎週火曜日
 http://www.nact.jp/
・森美術館 
 〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53 階
 開館時間 10:00〜22:00(毎週火曜日は17:00 まで)
 ※入場は閉館の30 分前まで 会期中無休
 http://www.mori.art.museum/
● 観覧料
2館共通:一般1,800(1,600)円 大学生800(600)円
*( )内は前売り料金
単館:一般1,000円(800)円 大学生500(300)円
*( )内は団体料金
※観覧料詳細は下記展覧会ホームページをご覧ください。

●展覧会ホームページ:http://sunshower2017.jp/
●お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

掲載画像: リー・ウェン《奇妙な果実》2003年 Cプリント 36 x 54 cm
菊池敬子展
作家の菊池敬子の個展を小淵沢のギャラリーで開催します。
周辺にはリゾナーレなどのリゾート施設,
絵本美術館などアートスペースも点在しています。
連休のお出かけにぜひお立ち寄りください。

菊池敬子展
●会期:2017年5月4日(木)-5月25日(木)*休廊:火,水
●時間:11:00-17:00(最終日は15:00まで)
●会場:Gallery Amano
 〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10133-3
 TEL.FAX 0511-36-2795
 車:小淵沢IC出口より5分
 徒歩:JR小淵沢駅より26分
●HP:http://gallery-amano.main.jp/

[経歴]
菊池敬子 KIKUCHI Keiko
1990 多摩美術大学絵画科油画専攻入学
1995 多摩美術大学研究科卒業
1997-1999 フランスへ留学

<個展>
1996 藍画廊・銀座
2001 藍画廊・銀座
2002「spnning!04」セゾンアートプログラム/東京・青山
2003 藍画廊・銀座
2005 藍画廊・銀座
2005 ギャラリーことのは・八王子
2009 新宿眼科画廊・新宿
2012 ギャラリー天野・小淵沢
2014 ギャラリーいしころ・西荻窪
2015 画廊喫茶 神宮苑・原宿
2015 ギャラリー天野・小淵沢

<グループ展>
1996「5works」GINZA GALLERY HOUSE/銀座
1999 菊池敬子/渡邊利恵」porte'd orleans・パリ
2003「VOCA 2003」上野の森美術館・上野
2004「10th Anniversary 3人展」 あおい画廊・銀座
2005「家族展」ギャラリーことのは・八王子市
「都美セレクション グループ展 2018」公募
2018(平成30)年6〜7月に開催するグループ展を公募します。

東京都美術館は、毎年、国内外の名品を紹介する特別展の他、年間200を超える公募団体による公募展を開催し、約200万人以上の幅広い世代の来館者が訪れています。
「都美セレクション グループ展」は、当館の展示空間だからこそ実現可能な、新しい表現に挑むグループの展覧会を公募し、開催するものです。

展覧会会場として提供するのは、エントランスホールから見下ろせる天井高約10mの吹き抜けのギャラリーA、シンプルな展示空間のギャラリーB、天井の高低差により展示の変化をつけることができるギャラリーCのいずれか一室。これらのギャラリーの特徴を生かした、従来の発想にとらわれない展覧会企画案のご応募をお待ちしています。

詳細はHPをご確認ください。
http://www.tobikan.jp/information/h28_20170327_1.html


●応募締切:2017(平成29)年7月7日(金)[当日消印有効]
●会期:2018(平成30)年6月から7月のうちの2週間程度
(搬入出・展示・撤去作業の日程を含む)
●会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・Cのいずれか
●審査委員:
 大谷省吾(東京国立近代美術館 美術課長)
 笠嶋忠幸(出光美術館 学芸課長)
 野地耕一郎(泉屋博古館 分館長)
 南 雄介(美術評論家)
 山村仁志(東京都美術館 学芸担当課長)[順不同・敬称略]
●お問合せ先:
東京都美術館「グループ展 2018」担当 TEL:03-3823-6921
第94回春陽展開催中!
国立新美術館ではただいま第94回春陽展が開催中です。
大正11年創立,絵画部,版画部の会員会友あわせ700人を超える歴史ある会です。

会期中はさまざまなイベントも行われます
4月23日(日)13:30- 岡崎市美術博物館学芸員による講演会,コンサート
4月29日(土)13:00- アート鑑賞ツアー
4月30日(日)14:00- ヴァイオリニスト大島莉紗氏のギャラリーコンサート
※詳しくはHPをご確認ください

新緑の気持ちよい季節の春陽展,ぜひお出かけください。
国立新美術館では草間彌生展とミュシャ展が同時開催中です。
チケット売り場は大変な混雑ですので事前にお買い求めのうえ
行かれることをお勧めします。


第94回春陽展
主催:春陽会
●会期:2017年4月19日ー5月1日 5月23日(火)休館
●会場:国立新美術館
●時間:10:00-18:00 入館は30分前まで(最終日は15:00閉場)
●入場料:一般 700円
大学生以下・障害者手帳をお持ちの方及び付添者1名まで 無料
●HP:http://www.shunyo-kai.or.jp

●ART公募春陽会ページ
 http://www.artkoubo.jp/shunyokai/d_koubo.php?k_id=200321
●ART公募MAGAZINE
【file29 春陽会】http://www.artkoubo.jp/magazine/artmag_0028.html
ベラドンナ・アート展 開催中!
"時代を切り拓く女性アーティストによる美術展"
「ベラドンナアート展」が東京都美術館で好評開催中です。

アートが大好き!な女性なら、どなたでも応募できる公募展です。

出品者は小学生から90代の方までととても幅広く、
作品は絵画、版画から立体、イラスト、人形までジャンルも自由で多彩です。

女性ならではの繊細な感性が伝わってくる力作ばかりです。

東京都美術館では「バベルの塔展」が開催中。
あわせてぜひご高覧ください。

主催のベラドンナの會は、銀座にギャラリーも構えており
定期的に展覧会を開催しています。
ベラドンナ・アートの世界観をもっと楽しみたい方は
ぜひチェックしてみてください。

第13回 ベラドンナ・アート展
●会期:2017年4月19日ー23日
●会場:東京都美術館 2階第4展示室
●時間:9:30-17:30(入場は17:00まで)
●入場料:一般500円、大学生・高校生100円
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料
※「バベルの塔」展チケット持参の方は無料

●HP:http://art-belladonna.jp
※アモーレ銀座ギャラリーの情報もこちらからご覧頂けます

●ベラドンナの會 ART公募ページ
http://www.artkoubo.jp/belladonna/d_koubo.php
宇部派-宇部彫刻の系譜
春のコレクション展2017「宇部派ー宇部彫刻の系譜」



どうしてときわ公園にはこんなにたくさんの「奇抜なオブジェ」があるんだろう?

野外彫刻ってなんだろう?美術品を野外に置いたもの?

宇部市が1961年から開催する国際野外彫刻コンクール

「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の出品作品を通して、宇部独自の彫刻スタイルに迫ります。



鬼 彫刻都市−宇部 柳原義達・向井良吉・大高正人の仕事



●会期:2017年4月1日(土)〜5月7日(日)10:00〜16:00(入場は15:45まで)



挟 宇部を舞台に活躍した作家たち



●会期:2017年5月20日(土)〜6月11日(日)10:00〜16:00(入場は15:45まで)



●会場:ときわ湖水ホールアートギャラリー

    〒755-0001 山口県宇部市大字沖宇部254番地

    電話:0836-54-0551

●公式HP:https://www.tokiwapark.jp/event/2017.html />
 
チケットプレゼント!ランス美術館展
フランス絵画の宝庫 ランス美術館展
ダヴィッド、ドラクロワ、ピサロ、ゴーギャン、フジタ・・・

フランス北東部シャンパーニュ地方にある、ランス美術館のコレクションをご紹介する展覧会です。ランス美術館は、歴代のフランス国王が戴冠式を行った大聖堂で知られる古都ランス市に位置し、初期ルネサンスから現代まで、幅広いコレクションを有するフランス絵画の宝庫として世界に知られています。本展覧会はランス美術館の所蔵作品から、17世紀のバロックに始まり、18世紀のロココ、19世紀のロマン派、新古典派、印象派、ポスト印象派まで約70点で構成する、フランス絵画の歴史をたどる展覧会です。また、ランス市に縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品群も併せてご紹介いたします。

チケットプレゼント!
5組10名様。締切り4月20日(木)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『ランス美術展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

● 会期:2017年4月22日(土)〜6月25日(日)
月曜日休館
● 会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
● 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

 新宿西口より徒歩5分
● 開館時間:10:00〜18:00 金曜日は19:00(入館は閉館時間の30分前まで)
●入館料:一般1,300(1,100)円 大学・高校生800(650)円
シルバー<65歳以上>1,100円 中学生以下無料
※(  )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその付添いの方1 名は無料。被爆者健康手帳をお持ちの方はご本人のみ無料。
●ホームページ:http://www.sjnk-museum.org/
●お問い合わせ:03−5777−8600(ハローダイヤル)

掲載画像:
ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
油彩、カンヴァス 73.2×54.5
Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.