ART公募の止まり木「フクロブ」
2023/01/24
長岡市で生まれ、小中高の時代を見附市今町で過ごした埼玉県在住の現代美術作家の展覧会を開催。地元では初めてとなる個展では、抽象平面の大作を中心に展示します。初期の作品は、鉄板を素材とした立体を屋内外で展開、アメリカのミニマリズムの作家、特にドナルド・ジャッドの作品や考え方にインスピレーションを受けました。ジャッドの作品は、古いヨーロッパ芸術から離れ単純な形体の繰り返しから生まれる空間の変化を目的としていましたが、実はジャッドの言う「絵画的フォーマットからの離脱」という言説から、市川は逆説的に絵画の可能性を追究するヒントを得たようです。1994年 新潟市野外彫刻大賞で優秀賞を受賞した「風景の瞬間」発表後、市川の作品は徐々に平面的なものへと移行します。正確さと規則性のある幾何学形態に重点を置いた線と面の作品は変化を続ける一方、側面から見たときの変則的な立体感や色面には機知を感じます。絵画的でありながら立体も感じるバランスの均衡、鑑賞者に様々な思考を提示する市川の作品は、空間を浄化し清々とした場を作り出すことでしょう。 (HPから抜粋)

市川和英 正面性の諸相 The aspects of frontality
会 期:2022.12.20(火) - 2023.01.29(日)
時 間:10:00ー22:00(入館受付は21:30まで)
休館日:毎週月曜日
場所:〒954-0059 新潟県見附市昭和町2-4-1
TEL:0258-84-7755FAX:0258-84-7735

公式HP:https://www.gallery-mitsuke.com/exhibition/11234/
  • 作品ギャラリー
112ページ中 1ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ARCHIVE

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2022/12/06
およそ100年前、大阪、東京、パリの3つの街に生き、短くも鮮烈な生涯を終えた
お役立ちインフォメーション
もっとみる