絵のまち尾道四季展運営委員会

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • 第20回絵のまち尾道四季展(2022)
  • 概要:
  • 絵のまち尾道四季展は、世界に誇れる文化遺産と四季折々の美しい景観をもつ「尾道」をモチーフに描いていただく、全国絵画公募展です。2年に一度のビエンナーレ方式で昭和58(1983)年に第1回展を開催して以来、今年で第20回目を迎えます。
  • 主催:
  • 絵のまち尾道四季展運営委員会
  • 協賛・後援:
  • [共催]尾道市・尾道市教育委員会・尾道市立美術館・尾道商工会議所・尾道観光協会
    [後援]NHK広島放送局・中国放送・テレビ新広島・広島テレビ・広島ホームテレビ・ちゅピCOMおのみち・中国新聞備後本社・広島エフエム放送・尾道エフエム放送・エフエムふくやま
  • ジャンル:
  • 尾道の風景及び風俗、祭り、行事などでその特徴を取り入れたもの。
    [応募資格]作品搬入時に満18才以上の者(高校生を除く)
  • 絵画:油彩 水彩 パステル 日本画
    • 第20回絵のまち尾道四季展(2022)
出品情報
  • 第20回絵のまち尾道四季展の応募要項は、絵のまち尾道四季展運営委員会事務局(0848-23-2281)にご請求いただくと、郵送させていただきます。
  • 搬入日
  • 2022年11月25日(金)~ 2022年11月27日(日)
  • 搬入時間
  • 10:00 ~ 16:00※時間厳守のこと
  • 搬入場所
  • <直接搬入>
    場所:かおり館
    (〒722-0032 尾道市西土堂町19番1号 千光寺公園内)
    <宅配搬入>
    令和4(2022)年11月25日(金) 午前10時から午後4時までに必着のこと
    送り先:かおり館
    (〒722-0032 尾道市西土堂町19番1号 千光寺公園内)
  • 搬入方法
  • 直接搬入・宅配搬入
  • 出品料
  • 1点5,000円  2点8,000円 3点9,000円

    ※搬入にかかる費用は、すべて出品者の負担とします。
    ※搬入は作品のみとし、宅配搬入時の作品の梱包資材、箱は処分しますのでご了承下さい。
    ※直接搬入の場合は、搬入の際に領収します。
    ※宅配搬入の場合は、所定の郵便振替票に必要事項を明記の上、令和4年11月22日(火)までに振り込んでください。
    ※振込手数料はご負担ください。
    ※いったん納入された出品料はいかなる理由があっても返金しません。
  • 出品数
  • 一人3点以内
  • 出品メモ
  • [作品規格]絵画作品で大きさは15号から20号までの平面とし、額(ガラス入りは不可)をつけること。表現は具象、抽象を問いません。ただし、出品作品は他の公募展、個展などに出品していない未発表のものに限ります。
    ※作品は、完全に乾燥させてください。
    ※額の幅はマットを含め10センチ以内

    [作品販売] 販売可能な作品については、販売価格をA出品票に記入してください。
    ※売買が成立した場合には、出品者から手数料として販売価格の10%をいただきます。
  • 尾道賞[グランプリ]:1点 賞金200万円 
    小林和作賞:1点 賞金30万円
    優秀賞:5点 賞金10万円
    奨励賞:10点 賞金5万円
    企業奨励賞:数点 賞金5万円
    ※尾道賞[グランプリ]は買上賞(著作権法に基づく権利を含む)とします。秀作には、記念品を贈呈します。
    ※入賞・秀作作品の利用(著作権法に基づく権利の使用)は、絵のまち尾道四季展運営委員会に一任されたものとします。

    [審査員]石川健次(美術評論家・東京工芸大学教授)/奥山民枝(尾道市立大学芸術文化学部名誉教授)/島田康寛(美術評論家)/平松礼二(順天堂大学客員教授)/藤森兼明(日本芸術院会員)
  • 備考
  • [入選発表]審査結果は令和4年12月下旬に本人宛にハガキで通知します。審査に対する異議の申し立て、電話での問合せは一切受け付けません。
    [表彰式]令和5年2月18日(土) ※中止・変更の可能性あり

    [注意事項]
    ※応募用紙は本展事務局が発行したものに限ります。
    ※作品の取り扱いについては、十分に注意しますが、火災・盗難・その他損傷等の損害については責任を負いかねますので、ご了承ください。
    ※保険が必要と思われる方は各自で加入してください。
    ※ご応募いただいた方の個人情報は、主催者及び業務受託者が、作品の管理・ご連絡・報道発表などを行う等、絵のまち尾道四季展の運営に関する目的に限って使用させていただきます。
    ※応募用紙は絵のまち尾道四季展運営委員会事務局(0848-23-2281)までご請求ください。
開催情報
  • 開催期間
  • 2023年2月18日(土) ~ 2023年3月5日(日)
  • 9:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)
  • 会場
  • 入賞・秀作作品/尾道市立美術館(会期中無休)
    入選作品/尾道市内商店街ほか
    〒722-0032 広島県尾道市西土堂町17-19(千光寺公園内)
  • 巡回展

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
絵のまち尾道四季展運営委員会
  • 〒722-0032
  • 広島県尾道市西土堂町 17番19号(千光寺公園内)
  • 尾道市立美術館内
  • TEL: (0848)23−2281
  • FAX: (0848)20−1682
設立
  • 趣旨
  • 宝石を散りばめたような素晴らしい多島美と、穏やかな瀬戸の風情あふれる尾道。開港以来840余年にも及ぶ歴史を凝縮した景観は、甍を連ねる寺院をはじめ、豊富な文化財にも恵まれた尾道ならではの美しさをかもし出しています。坂道を少し登ると、眼下に広がる美しい町なみに多くの画家達は魅せられ、尾道は、これまで多くの作品に描かれてきました。
    尾道市の名誉市民小林和作氏は、この町を愛し、この町の人に愛され、「絵のまち尾道」の礎を築きました。
  • 代表者
  • 設立年月日
  • 1983年
  • 尾道は、風光明媚な景観、中世から続く寺社仏閣等の文化財、風情ある町なみ、祭りなどの伝統芸能など「絵になる町」として多くの美術愛好家から知られています。

    昭和58年から2年に一度、全国絵画公募展である「絵のまち尾道四季展」を開催しつづけています。

    絵のまち尾道四季展では、絵のまち尾道四季展の絵画作品を鑑賞することで、「絵になるまち尾道」について再発見していただくため、当運営委員会所蔵の作品を無料で貸し出しています。

    ※貸し出しについて
    https://www.onomichi-museum.jp/competition/post

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • 第20回絵のまち尾道四季展 作品募集のお知らせ
  • 公募展情報を掲載しました。
    絵のまち尾道四季展は、世界に誇れる文化遺産と四季折々の美しい景観をもつ「尾道」をモチーフに描いていただく、全国絵画公募展です。2年に一度のビエンナーレ方式で昭和58(1983)年に第1回展を開催して以来、今年で第20回目を迎えます。

    ※第20回絵のまち尾道四季展の応募要項は、絵のまち尾道四季展運営委員会事務局(0848-23-2281)にご請求いただくと、郵送させていただきます。


    * 絵のまち尾道四季展公式サイト
    https://www.onomichi-museum.jp/competition/2.html
  • 2022/05/10