おススメ情報

おススメ情報
  • 2020/06/08
  • 神田日勝 大地への筆触 展
  • 北海道の大地で、農業に従事しながら絵を描き続けた孤高の画家、神田日勝。
    2020年は、神田日勝の没後50年にあたります。これを記念して、東京では42年ぶりの個展となる大規模な回顧展を開催します。
    愛情を込めて育てた馬を病気で死なせたという、少年時代の記憶が色濃く影を落とす《死馬》、労働者としての自分と画家としての自分を重ねあわせ、息が詰まるような閉塞的な空間の中に自らの顔を描いた《一人》、画家として心ゆくまで絵を描きたいと願いながら、農業との両立で常に葛藤を抱えていた日勝の、内面の不安を描き出したかのような《室内風景》、そして最後の作品となった半身の《馬(絶筆・未完)》など、神田日勝の作品には、生きることと、描くことが、ひとつであった画家の、喜びや悲しみ、誇りと苦悩がにじみ出ています。
    本展は、代表作を網羅して、日勝芸術の全貌を提示しようとするものです。大きな変貌を繰り返した日勝の芸術的展開をつぶさに追うことができる展覧会となることでしょう。

    ●神田日勝 大地への筆触
    会期:6月2日(火) - 6月28日(日)
    会場:東京ステーションギャラリー

    ローソンチケットで販売中
    入館チケットはローソンチケット(Lコード30066)販売のみ。
    ※受付では購入できません。

    休館日
    会期中無休
    開館時間
    10:00 - 18:00
    ※金曜日は20:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで

    公式HP:https://kandanissho2020.jp/
  • 2020/02/18
  • FACE展 2020
  •  損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された展示は、今回で8回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しています。
    「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地の幅広い年齢層の875名の新進作家たちからご応募を頂き、四次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(内受賞作品9点)を決定いたしました。

     会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。魂を揺さぶる「私が選ぶ1点」を探し、楽しみながらご観覧ください。
    本展は美術館移転前の、42階での最後の展覧会となります。

    ※本展覧会は展示室内での作品撮影が可能です。
    (収蔵品コーナーは撮影不可です。)
    <ご注意>
    ・他のお客様を撮影することはご遠慮ください。
    ・フラッシュ・三脚の使用はご遠慮ください。
    ・撮影された作品写真は、非営利目的でのみお使いいただけます。


    ●会期:2020年2月15日(土)~3月1日(日)
    ※新型コロナに伴い会期縮小しました。

    ●休館日:月曜日(ただし2月24日は開館、翌25日も開館)
    ●開館時間:午前10時-午後6時※入館は午後5時30分まで
    観覧料、前売券情報
    ●観覧料( )内は前売および20名以上の団体料金
    600円(500円)
    大学生以下:無料 ※学生証、生徒手帳をご提示ください
    ●会場:損保ジャパン日本興亜美術館

    ●公式HP:https://www.sjnk-museum.org/program/current/6138.html
  • 2013/06/18
  • 画材図鑑オープン
  • 姉妹サイト画材図鑑がオープンしました。販売サイトではない画材ショールームです。あなたの制作の幅を広げる画材との出会いをお手伝いします。
    http://gazaizukan.jp/