SOMPO美術館

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • FACE2022
  • 概要:
  • 第10回目となる公募コンクールFACE2022では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。【申込み期間】2021年9月13日(月)~10月17日(日)※出品書類は9月13日(月)以降の発送になります。
  • 主催:
  • SOMPO美術館
  • 協賛・後援:
  • 読売新聞社
  • ジャンル:
  • 油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなどの平面作品。出品時からさかのぼって1年以内に制作された作品で、公募展などで未発表の作品1点。壁かけ可能作品で、作品は200x170cm以内、厚さ10cm以内。重量は30Kg程度まで。規格目安:F(M.P)で130号以下、Sで100号以下。
  • 絵画:油彩 水彩 パステル 日本画 イラスト
    • FACE2022
FACE2022
出品情報
  • 応募締切日
  • 2021年10月17日(日)
  • 搬入日
  • 2021年11月06日(土)~ 2021年11月07日(日)
  • 搬入時間
  • 10:00 ~ 16:00※期日、時間厳守
  • 搬入場所
  • 【直接搬入】※搬入場所での組立搬入可。
    出品者本人または、本人の代理人として美術品運搬業者等により、作品を搬入される方。(開梱、受付手続をしていただきます。)

    【宅配便送付】
    2021年10月25日(月)~29日(金) 10:00~16:00 ※期日、時間内必着

    作品搬入の取扱い(※下記3社以外でも取扱い可能)
    ・ヤマトグローバルロジスティクスジャパン 東京美術品公募展支店 0120-223-529
    ・ハート・アンド・アート 東京:03-6457-0961、大阪:06-6683-9650
    ・大宝運輸 川崎:044-276-3041、大阪:06-6327-5611
  • 搬入方法
  • 直接搬入・宅配便送付
  • 出品料
  • 一人7,000円
    ※25歳以下(1995年4月1日以降に生まれた方)は無料
    (年齢を確認できる証明書等のコピーをご提出ください。)
  • 出品数
  • 1点
  • 出品メモ
  • [募集作品]
    本人制作の公募展などで未発表の平面作品1点
    (出品時から遡って1年以内に制作された作品)
    ※ 油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなど
    ※ 立体作品、映像作品、共同制作作品は不可
    ※ 公募展などで発表された作品に加筆した作品は不可
    ※ 公募展などに出品し、入選しなかった作品は可
    ※ 個展、グループ展などで発表された作品は可

    [出品資格]
    日本国内で手続き・発送・返却できる方(年齢・国籍不問)

    [作品規定]
    詳しくは下記を参照ください。
    https://www.sompo-museum.org/wp-content/uploads/2021/01/pdf_news_face2022.pdf
  • グ ラ ン プ リ…1点 副賞 300万円
    優 秀 賞… 3点 副賞 50万円
    読 売 新 聞 社 賞…1点 副賞 30万円
    審 査 員 特 別 賞…4点 副賞 10万円
    オーディエンス賞…数点 副賞 3万円
    ※ グランプリ受賞作品は当館にて収蔵する。
    ※ オーディエンス賞副賞は他賞受賞者を除く。
    ※ 賞の内容および点数は変更となる場合があります。

    [表彰式]
    会場日時:2022年2月18日(金)午後・SOMPO美術館
  • 備考
  • [その他]
    1.「出品規定」に満たない作品は、受付できない場合があります。
    2.主催者は、入選・受賞作品の撮影と広報印刷物・ホームページ、取材記事への画像を掲載する権利を有し、出品者はこれを許可するものとします。
    3.搬入受付から搬出までの期間については作品の取扱いに十分に注意します。また、主催者負担で作品へ保険を付保することとし、同期間内の損害についてはその保険金額内で補償します(額縁は補償対象外)。
    4.応募者の個人情報は、作品管理、連絡、通知、発送、広報等、当展覧会運営業務に使用します。
    5.出品者には図録1冊と招待券2枚を贈呈します。
    6.出品者・観覧者による展覧会場での受賞・入選作品の写真撮影およびブログやSNSへの写真掲載を可とします。(商業目的の撮影は不可)
    7.受賞者には表彰式への国内交通費を支給します。

    [審査結果発表]
    2021年11月19日(金)付けで本人宛に郵送通知。また、公募展WEB個人ページ上で入選者名の公表。
開催情報
  • 開催期間
  • 2022年02月19日(土) ~ 2022年03月13日(日)
  • 10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
  • 会場
  • SOMPO美術館
    〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    ※月曜日休館(祝休日除く)
  • 巡回展

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
SOMPO美術館
  • 〒135-0062
  • 東京都江東区 東雲2-2-3 2階
  • ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株) 東京美術品公募展支店 FACE2021事務局
  • TEL: 0120-223-529
  • FAX: 03-6858-7600
設立
  • 趣旨
  • この度、新進作家を支援するために、公募形式の「損保ジャパン美術賞」を創設します。応募作品の中から、年齢・所属を問わず、真に力があり、将来国際的にも通用する可能性を秘めた作品を公平に選考した上で、入選・入賞作品を表彰し、「損保ジャパン美術賞」展を開催いたします。グランプリ受賞作品は当館で所蔵し、次回の同展覧会開催時にも展示します。また入賞作家のグループ展を数年毎に開催します。有望な作家による渾身の力を込めた作品の出品を期待します。
  • 設立年月日
  • 2012年
  • 損保ジャパン美術財団は、1977年に新進作家を育成する「財団奨励賞」、中堅作家を顕彰する「東郷青児美術館大賞」を創設し、各々展覧会を開催してまりました。当財団の公益財団法人への移行を機に、35年間に及ぶ上記の作家支援活動を継続し、さらに発展させるため、公募形式のコンクールを開催することにしました。
  • 「SOMPO美術館」に生まれ変わります
  • この街には
    《ひまわり》がある。

    「世界で最も忙しい駅」として
    ギネス世界記録®に認定された新宿駅。
    世界中の人々がひしめくこの街に、
    ゴッホの《ひまわり》はあります。

    日本初の高層階美術館として、1976年に開館。
    長きにわたり多くのお客さまに親しまれた
    「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は、
    「SOMPO美術館」に生まれ変わります。

    やわらかな曲線の建築デザイン。
    一つひとつの作品とじっくり向き合える展示空間。
    SOMPO美術館は新宿のアートランドマークとして、
    多様な芸術・文化を発信してまいります。

    2020 年5月28日、
    SOMPO美術館が誕生します。
  • 審査員(FACE2022)
  • 野口玲一 (三菱一号館美術館上席学芸員)
    大島徹也 (多摩美術大学准教授)
    椿 玲子 (森美術館キュレーター)
    藪前知子 (東京都現代美術館学芸員)
    中島隆太 (当館館長)
    (順不同、敬称略)

    [審査結果発表]
    2021年11月19日(金)付けで本人宛に郵送通知
    また、公募展WEB個人ページ上で入選者名の公表
    ※ 電話による問合せや、審査に対する異議申立てには応じません。また、公募規定および法令等に反する作品、または第三者の権利(著作権、肖像権等)を侵害する作品であることが明らかになった場合は、受賞・入選を取り消す場合があります。
    ※ オーディエンス賞は展覧会終了後当館ホームページで公表。
FACE2022開催のお知らせ
  • 第10回目となる公募コンクールFACE2022では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約80点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示され、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展『絵画ゆくえ』にご出品いただきます。「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • FACE2022 全国公募のお知らせ
  • 公募展情報を掲載しました。

    第10回目となる公募コンクールFACE2022では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約80点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示され、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展『絵画ゆくえ』にご出品いただきます。「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

    【申込み期間】2021年9月13日(月)~10月17日(日)
    ※出品書類は9月13日(月)以降の発送になります。
  • 2021/01/27