現代美術家協会

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • 2020年の現展は応募方法が変わりました
  • 概要:
  • 【※第76回現展は応募方法が変わりました。】一般出品の応募は《WEB出品》のみ、2020年5月20(水)までとなります。 現展では多くの皆さんに公募展を体験いただけるように《WEB出品》を開始致します。《WEB出品》への応募は無料! 実際に作品を搬入しなくても審査が受けられます。デジタル作品を制作されている方は、出力前のデータでも応募可能です。まずは、お気軽に《WEB出品》で腕試しをどうぞ!
  • 主催:
  • 現代美術家協会
  • 協賛・後援:
  • ジャンル:
  • 公募作品は抽象・具象を問わず、現代的表現の充溢するもの。
    〈平面〉絵画・版画・デザイン・CG等、〈立体〉彫刻・立体造形等、〈工芸〉平面・立体、〈写真〉
  • 絵画:油彩 水彩 パステル 日本画 イラスト
    • 2020年の現展は応募方法が変わりました
2020年の現展は応募方法が変わりました
出品情報
  • 応募締切日
  • 2020年05月20日(水)
  • 搬入日
  • 2020年06月30日(火)~ 2020年07月08日(水) ※予定
  • 搬入時間
  • 搬入場所
  • 東京都美術館 :6月30日(火)予定
    愛知芸術文化センター :7月6日(月)予定
    ※ 詳細は後日発表いたします
  • 搬入方法
  • 一般出品の応募は《WEB出品》のみとなります。

    ※WEB出品の対象は一般出品者のみとなります。会員、準会員、会友の方は応募できません。
  • 出品料
  • 無料
  • 出品数
  • 一人3点まで
    それ以上の応募があった場合は、着信が早い順から3点までを受付し、以降は無効と致します。
    1回の入力操作につき1点の応募となります。複数点の応募は入力操作を繰り返してください。

    [作品のサイズ]
    〈平面〉絵画・版画・デザイン・CG等…作品サイズは最小:絵画10号、その他B3から、最大:横230cm、縦400cmまで
    〈立体〉彫刻・立体造形等…作品サイズは300×200×250cm以内、重量:1.5t以内。天井から吊す場合は、高さ500cmを限度とする。
    〈工芸〉平面、立体サイズに準じる。
    〈写真〉プリントサイス:B3以上、最大:横230cm、縦400cmまで。
  • 出品メモ
  • 応募作品は未発表作品である事とし、上記の規定及び国立新美術館の規則に抵触するものは受付けられません。

    以下の場合は「入選内定」を取り消すことがあります。
    ・実際の作品が搬入されなかった場合
    ・搬入された作品がWEB出品時の内容と異なっていた場合(添付画像の過度の修正、サイズ誤記載、WEB出品後の加筆等を含みます)
    ・WEB出品時の記載内容に虚偽があった場合 (住所等不備により書類送付不能の場合等を含みます)
    ・実際の作品搬入時に額、木製パネル貼り等の展示仕様、重量等が上記規定を満たしていなかった場合

    その他
    ・WEB出品で「入選内定」となった場合でも、「入選通知」を得るまでは正式な入選とはなりません。
    ・「入選内定」の段階では、画歴等に「現展入選」と記載することはできません。展示される会場は、作品の展示効果等を考慮して審査委員が決定いたします。
    ・「入選内定」を受けた後に実際の出品を辞退することも可能です。
    ・WEB出品の対象は一般出品者のみとなり、会員・準会員・会友の方は応募できません。
  • 優秀作品には現展賞、審査員特別賞、会員賞、準会員賞、会友賞、新人賞、SOMPO美術館賞等を授与。
    また会友、準会員、会員への昇格推挙を行います。
  • 備考
  • ・WEB出品の事前審査は6月初旬に開催し、「入選内定」作品の判定を行います。
    ・事前審査の結果は6月上旬までに全応募者に対してメール、及び書面にて通知致します。
    ・「入選内定」作品は、実際の搬入時に審査委員がWEB出品時の内容と相違ないことを確認した後、正式に入選となり、いずれかの会場に陳列致します。
    ・展示される会場は、作品の展示効果等を考慮して審査委員が決定いたします。
    ・正式入選の通知は郵送にて本人に直接送付致します。

    [注意事項]
    ・額縁等のない作品や額縁より画面が前に飛び出ている作品等について、不慮の損傷があった場合、当協会は一切の責任を負いません。
    ・会期中はいかなる理由があろうとも作品の搬出はできません。
    ・不慮の災害等による作品の損傷、紛失については当協会は一切責任を負いません。
    ・展覧会開催中に於ける出品作品の撮影、画像使用、掲載等は当協会の判断に基づきます。
    ・コロナ問題の状況次第では全面中止の場合もございます。ご考慮の上、応募頂けましたら幸いです。
開催情報
  • 開催期間
  • 2020年07月02日(木) ~ 2020年07月08日(水) ※予定
  • 会場
  • 東京都美術館
  •   ~  
  • 巡回展
  • 2020年7月8日(水)ー7月12日(日)
    愛知芸術文化センター

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
現代美術家協会
  • 〒389-0111
  • 長野県北佐久郡 軽井沢町 長倉 三井の森412
  •  渡辺泰史 方
  • TEL: 0267-45-6252
  • FAX: 0267-45-6474
設立
  • 趣旨
  • 現代美術家協会『現展』とは

    権力におもねることなく、
    平和と自由を愛し、
    時代と共に歩みながら、
    互いに個性を尊重し合い、
    常に研鑽を怠らず、
    新しい美術の創造をとおして、
    真の人間精神を探求する、
    現展は、
    そういう作家たちの集団です。
  • 代表者
  • 大貫 博
  • 設立年月日
  • 1948年1月1日
  •  
  • 現展マークの由来
  • スペイン・バルセロナのカタルニヤ美術館にある「黙示録の仔羊」(タフルのサン・クレメンテ聖堂に飾られていた12世紀ロマネスク様式のフレスコ壁画)が、マークのイメージの元になっています。7つの眼を持つ万能の動物といわれ、作家は多くの観察・表現の眼を備えているといわれるところから、パレットの中に7つの眼を入れて現展のマークとしたものです。

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • 第76回現展・本展/大阪展中止 延期開催予定のお知らせ
  • 新型コロナウィルスの感染拡大により、国立新美術館で開催予定の第76回現展(本展)、及び大阪展の開催を中止とさせて頂きます。

    現時点に於いて、第76回現展は以下の日程で2会場にて分散開催の予定でおります。
    最終的な開催の可否は5月末までに決定し、現代美術協会公式サイト等でお知らせ致します。
    コロナ問題の状況次第では全面中止の場合も考慮に入れて、ご準備頂けましたら幸いです。
    ご出品を検討されている皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど、お願い申し上げます。
    2020.4.17現在

    現代美術協会
    http://art-genten.com/


    【会期延期に伴い応募受付期間を延長いたします。】
    WEB出品受付:5/20まで

    開催予定会場・日程(予定):
    ・2020年7月2(木)ー8日(水) 東京都美術館
    ・2020年7月8日(水)ー12日(日) 愛知芸術文化センター
  • 2020/04/19