一期会

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • 一期会春季展2021
  • 概要:
  • 一期会は、設立以来互いに認め合い激励し合いながら誠実な展覧を心掛けてまいりました。この理念に基づき、春季展では美術を愛し自己の確立と個性を高めるため、日々研鑽を積み重ねている方々へ広く門戸を開き発表の機会を提供することにより、美術文化向上の一助となることを願っております。
  • 主催:
  • 一期会
  • 協賛・後援:
  • ジャンル:
  • 8、10号限定出品。(油彩画、水彩画、日本画、和紙画等)具象、非具象を問いません、沢山の方々の参加をお待ちしています。
  • 絵画:油彩 水彩 日本画
    • 一期会春季展2021
出品情報
  • 応募締切日
  • 2020年12月31日(木)
  • 搬入日
  • 2021年02月01日(月)~ 2021年02月10日(水)
  • 搬入時間
  •   ~  
  • 搬入場所
  • [方法1]
    宅配便で令和2年2月1日(月)から2月10日(水)までに作品を彩美堂へ送り、 搬入・搬出及び返送の代行を依頼をしてください。
    ・直接美術館宛の宅配は受け付けませんので、ご注意願います。

    [方法2]
    下記の彩美堂店舗へ令和2年2月1日(月)から2月10日(水)までに作品を各自で持参し、搬入・搬出の手続きを依頼をしてください。
    ・この場合、都美術館から搬出後の作品を受け取る方法を搬入依頼時に彩美堂と打ち合わておいて下さい。
    ・持参受付店舗
     彩美堂上野店:
     〒110-0015  東京都台東区東上野4-1-9 ヤワタ上野ビル1階(TEL 03-5827-5155)
  • 搬入方法
  • 宅配便、又は、彩美堂店舗各自で持参
  • 出品料
  • 10,000円(同封の振込み用紙にて申込みと同時にお支払い下さい。)
  • 出品数
  • 1人2点まで
  • 出品メモ
  • [大きさ]8号、10号に限定
    [額装]
    ・油彩画はガラス及びアクリル板装着不可。
    ・水彩画・和紙画等はアクリル板のみ装着可。
    ・出品票は作品裏面右上に剥がれない用貼付して下さい。
    ・展示用紐はピーンと張ってください。
    [申し込み方法]同封の申込書にて作品写真(Lサイズ)を添えてお申込み下さい。
  • 一期会春季展大賞:1、優賞:2、彩美堂賞:2、奨励賞:3、佳作賞:3、努力賞:3 他
    受賞者へ審査後通知します。
  • 備考
  • [入選発表]写真による1次審査の結果を1月中旬までに通知します。 出品作品が全数落選となった場合は半額(5,000円)を返金します。
    [審査結果]展覧会初日に審査を行い、受賞者には電話にて通知します。

    [表彰式およびパーティ]東京都美術館内レストラン「サロン」にて行ないます。
    ・日時:令和2年3月1日(日)17時から 参加費:5,000円

    [その他]
    ・作品の取扱いに関しては、細心の注意を払いますが、搬入・搬出及び会期中の盗難・破損等の事故には 責任を負いかねますのでご了承下さい。
    ・搬入、搬出の際には、関係者の労務軽減および経費削減のためできる限り 会指定のコンテナ(お問い合わせください)をご利用下さい。
開催情報
  • 開催期間
  • 2021年02月28日(日) ~ 2021年03月07日(日)
  • 会場
  • 東京都美術館 東京都台東区上野公園8-36 ロビー階第4展示室
    (開催期間中電話番号 03-3823-6921)

    ・最終日は午後2時まで (入場締切り1時30分)
  • 9:30 ~ 17:30(入場締切り5時)
  • 巡回展

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
一期会
  • 〒355-0155
  • 埼玉県比企郡吉見町北吉見203  
  • 高橋雅之方
  • TEL: 090-8302-1843
  • FAX:  
設立
  • 趣旨
  • 美へのあこがれは敬虔な喜びであり、永遠でなければなりません。
    会員たちは互いに感性をみがき、
    個性にあふれた真摯な表現への追求を認めあい励ましあって芸術活動を続けております。
    具象、抽象等その表現形式は問わず、初心一途に熱意ある展覧を行い、
    社会との親睦を図り、美術文化の一翼たらんことを願いながら活動しております。
  • 代表者
  • 田端啓子
  • 設立年月日
  • 1970年4月
  • ご挨拶
  • 私達、一期会は封建的な画壇から脱却し、自由で斬新な絵画を目指している美術団体です。
    一期会の概要につきまして、簡単にご紹介いたします。
    1970年4月 斉藤敬一、増山金作、宗川清司、高瀬勝之、根岸定男、田中孝、千葉好男が創立に参画。
    一期会は設立以来、互いに認め合い、励まし合いながら誠実な展覧を常に心がけております。
  • 1976年には、会場を念願の東京都美術館とし、展覧活動の充実を図りました。
    以後、会員の芸術に対する真摯な活動、また多くの地公体、大使館、ジャーナリズム、企業からの応援もあり、発展してまいりました。

    思い出多い東京都美術館ではありますが、2006年、国立新美術館の新設を機に更なる飛躍を目指していち早く国立新美術館での展覧を選択いたしました。
    昨年の展覧会では、北海道から沖縄全国からご出品いただき、観客数も1万4千人を突破いたしました。
    「一期会」は具象・抽象を問いません。熱意ある作品には最大の敬意を惜しみません。新しい視野を志す意欲あふれた作品を尊重いたします。

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • 一期会春季展2021 募集のお知らせ
  • 公募展情報を掲載しました。

    ※一期会春季展2020は中止になりました。
  • 2020/04/02