汎美術協会

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • 2022 汎美展
  • 概要:
  • 【募集終了しました。】既成概念に捉われない、自由な表現を求めて
  • 主催:
  • 汎美術協会
  • 協賛・後援:
  • ジャンル:
  • 絵画、版画、写真、彫刻、オブジェ、インスタレーション等
  • 絵画:油彩 水彩 パステル 日本画
    • 2022 汎美展
2022 汎美展
出品情報
  • [応募方法]
    会員または事務局の推薦が必要ですが、出品作に対する審査はありません。当会の考え方や活動等に賛同し、出品を希望する方は、汎美術協会事務局に画歴と作品のコピーをお送りください。運営委員会にて検討させていただき、結果をお知らせします。

    *汎美術協会公式サイトからの申し込みは下記になります。(なお、応募書類は返却しません。予めご承知おきください。)
    「汎美展」を運営する美術団体「汎美術協会」 (hanbi.jp)
    http://www.hanbi.jp/
  • 搬入日
  • 2022年03月06日(日) ※予定
  • 搬入時間
  • 10:00 ~ 13:00
  • 搬入場所
  •  
  • 搬入方法
  •  
  • 出品料
  • 出品数
  • 16,000円(一般出品者)30歳未満は半額
    *注 出品料は改定する予定です。
  • 出品メモ
  • [種類・点数]
    ・絵画、版画、写真、彫刻、オブジェ、インスタレーション等
    ・未発表の作品に限る(個展出品作は可)
    ・平面作品は合計で幅5.5m×高さ4.8m
    ・立体作品は床面3.5m×2m以内
    ・点数制限なし(下限は30号以上、合計60号以上)
  • 備考
  • [関連イベント]
    第60回 記念講演会「表現の自由とアンデパンダン」
     第一部/基調講演 千葉成夫氏
     第二部/パネルディスカッション 千葉成夫氏×堀浩哉氏×汎美会員
    3月12日(土) 14:00-16:00 (開場 13:45)
    会場:国立新美術館 3階 講堂
    参加人数:50名(感染症対策された配置席数)
    申込方法:jimukyoku@hanbi.jp へ氏名を明記のうえ「講演会参加希望」とお知らせください。

    [講評会(堀浩哉氏による出品作講評)]
    3月19日(土)14:00〜16:15 (整理券配布 13:45)
    汎美展会場にて密回避し実施。講評を受ける出品者以外の聴講参加は、整理券の先着15名。
開催情報
  • ※終了しました。

    「2022汎美展」展示作業中に撮影したダイジェストムービーが公開されています。
    http://www.hanbi.jp/3575/

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
汎美術協会
  • 〒168-0074
  • 東京都杉並区上高井戸 2-4-10
  • 大野善孝方
  • TEL: 03-5370-6235
  • FAX: 03-5370-6235
設立
  • 趣旨
  • 汎美術協会は、春に汎美展を国立新美術館、秋には汎美・秋季展を東京都美術館で開催などを中心に活動している美術団体です。

    1933年(昭和8年)、フランスのアンデパンダン展を基礎に権威主義的な階層性や審査制度を否定し、全ての作家は対等の立場に立つべきとの理念に基づいて創立されました。そして、独創的な創造と自由な表現のための発表と交流の場を作ってきました。

    春、秋の汎美展は公募推薦制です。入選もいろいろな賞もありません。事務局や会員から推薦を受け、出品資格を得た作家は、作品を審査されることなく出品できます。
    作品は会員・一般の差別無く、抽選で展示位置を決めています。
    大作も小品もジャンルやキャリアにかかわりなく展示します。

    また、汎美展の大きな特徴は、壁面を幅5メートルまで自由に使えることです。天井高約5メートルと併せ、他の公募展では出品出来ない大きな作品の展示が可能です。
    バラエティに富んだアトラクティブな展示とユニークなシステムで運営される公募展、それを運営している団体が汎美術協会です。
  • 代表者
  • 根岸 節
  • 設立年月日
  • 1934年(昭和7年)
  • 1934年 第1回展を京橋味の素ビル画廊にて開催。
    1935年 第2回展を東京都美術館で開催。以後1941年の8回展まで毎年、東京都美術館で開催。
    1939年 会の名称を新興独立美術協会から汎美術協会に改称。
    1942年 第9回展 新宿伊勢丹デパートにて開催。  
    1943年 軍の要請によって、汎美術協会から新東亜美術展に名称変更。
    1943年 第10回展、1944年 第11回展を東京都美術館で開催。
    1945年は休会し、終戦後は汎美術協会に改称。
    1946年 第12回展、1947年 第13回展を東京都美術館で開催。
    1948年以後はしばらく本展を休止し、画廊にてグループ展を開催。
    1974年 第14回展、 1975年 第15回展を銀座ヤマト画廊で開催。
    1976年 第16回展を3月に東京都美術館で開催。それ以後、2007年(第47回展)まで、毎年3月に東京都美術館で開催。並行して会員展、秋季展、地方展を開催。
    2008年 第48回展を国立新美術館に会場を移し3月に開催。以後、現在まで毎年3月に国立新美術館で開催。10月に秋季展を東京都美術館で開催。
お知らせ
  • ■公式SNS
  • [公式Facebook]
    汎美術協会
    https://www.facebook.com/hanbiten/

    [公式Twitter]
    汎美術協会
    https://twitter.com/HANBI_TW
  • WEB汎美展 2021
  • 汎美はこれまで「自由な創作の発表の場」として、美術館で

    1.無審査・無表彰
    2.ジャンルや手法にとらわれず、なるべく制約を設けない
    3.抽選にもとづいて公平に展示位置を決定
    4.観覧無料

    という特徴ある展覧会「汎美展」を開催してきました。本年、残念ながら中止となった汎美展に代わり、インターネット上で作品を公開する「WEB汎美展 2021」をここに開催致します。どうぞ、ご覧ください。

    *WEB汎美展 2021WEB汎美展 2021 インターネット上の展覧会
    2021年4月15日 ~ in 公式ホームページ&YouTube
    http://www.hanbi.jp/exhibitions/webten/

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • 「2022汎美展」終了とダイジェストムービー公開のご案内
  • 下記の通り「2022汎美展(第60回記念展)」は無事に会期を終了致しました。
    ご観覧ならびにご協力頂きました皆様に感謝申し上げます。

    展示作業中に撮影したダイジェストムービーが公開されております。
    ぜひご覧ください。

    *汎美術協会公式サイト(お知らせ)
    http://www.hanbi.jp/3575/
  • 2022/03/22