一般社団法人 旺玄会

公募展情報

公募展情報
公募展情報
  • 2020年の旺玄展は中止になりました
  • 概要:
  • 【※第86回旺玄展は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。】 「画の探求、我の調和」、「生涯在籍の美術大学」を指向し、若い作家から年長者まで自由な発想のもとに切磋琢磨する、会の指導理念が徐々に浸透し、旺玄会の求める人材、求める作品を募集します。
  • 主催:
  • 一般社団法人 旺玄会
  • 協賛・後援:
  • 【主催】一般社団法人 旺玄会【後援】文化庁・東京都
  • ジャンル:
  • 洋画(油彩、パステル、水彩、アクリル、ミクストメディア、鉛筆、色鉛筆、コラージュ等) 日本画(含水墨画) 版画(含デジタル・アート)
  • 絵画:油彩 水彩 パステル 日本画
    • 2020年の旺玄展は中止になりました
2020年の旺玄展は中止になりました
出品情報
  • 応募締切日
  • 2020年05月08日(金)
  • 搬入日
  • 2020年05月08日(金)~ 2020年05月09日(土)
  • 搬入時間
  • 10:00 ~ 16時30分まで(両日)
  • 搬入場所
  • 東京都美術館 地下3階 旺玄会受付
  • 搬入方法
  • 〈地方出品〉各社気付旺玄会宛に送付し、5月5日(火)までに到着のこと。
    (出品原票、作品預り証は自書の上、出品料と共に同社に送付。)
    地元に適当な搬入代行会社がある場合は、その会社をご利用下さい。
  • 出品料
  • 3点まで9,000円、1点増す毎に2,000円。
    【25歳以下出品無料、30歳以下半額】
    入選作品は各自1点が、図録に掲載されます。入選され、図録購入をご希望の方は優待価額2,000円(一般販売価額2,500円)で購入することが出来ます。
  • 出品数
  • 点数は5点まで。
    20号以上100号まで、120号、130号(FPM)は縦可。
    (但し、版画で銅版等は4号以上、木版、石版、孔版等は6号以上。)
    規定外の作品は受け付けない。
  • 出品メモ
  • 他の公募展に未発表の作品とする。(一人1部門、平面作品に限る)出品画には額縁を付ける。額縁幅は7cm以内、作品保護のため、絵面より周囲1cm以上突出していること。水彩画20号以上、版画30号以上は、マットを含め12cm以内。版画の小作品については制限なし。水彩画、パステル画、ミクストメディアなど画面保護の必要なものは、樹脂ガラス(アクリル)を使用する等自己責任において処置の上出品して下さい。(ガラス不可)
  • 優秀作品に対しては、文部科学大臣賞、東京都知事賞、旺玄会賞、牧野賞、玉之内賞、田澤八甲賞、損保ジャパン日本興和美術財団奨励賞(賞名が変更される見込みです)、上野の森美術館賞、奨励賞、努力賞、新人賞、佳作賞、その他の賞を贈る。
  • 備考
  • [地方出品先]
    ・(株)川端商会 東京都葛飾区堀切2-16-2  TEL:03-3691-3200
    ・彩美堂(株)足立営業所 足立区南花畑4-33-7 TEL:03-5242-3701
    ・(株)東美本社 渋谷区本町5-30-12 TEL:03-3376-8148
    ・ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株)東京美術品公募展支店
     〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3東雲ビル2階 TEL:03-3527-6683

    各社気付旺玄会宛に送付し、5月5日(火)までに到着のこと。
    (出品原票、作品預り証は自書の上、出品料と共に同社に送付する)
    地元に適当な搬入代行会社がある場合は、その会社をご利用下さい。
開催情報
  • 開催期間
  • 2020年05月20日(水) ~ 2020年05月27日(水)
  • 会場
  • ※開催中止になりました。
    東京都美術館(東京 上野公園)ロビー階第1‐3展示室
  • 9:30 ~ 17:30(最終日は入場14:30まで。閉会15:00)
  • 巡回展
  • ※開催中止になりました。
    【大阪展】7月14日(火)‐19日(日) 大阪市立美術館
    【名古屋展】7月28日(火)‐8月2日(日) 愛知県美術館
    【秋田展】本年は体制整備のため休催します

公募団体情報

公募団体情報
公募団体情報
一般社団法人 旺玄会
  • 〒110-0015
  • 東京都台東区東上野3-33-9戸辺ビル7階A室
  • TEL: 080-5382-1933
  • FAX: 044-988-6603
設立
  • 趣旨
  • 『画の探求、我の調和』
    旺玄会の新しいモットーです。旺玄会の「玄」は専門性を深く追求すること、 「旺」はそれを盛んに行う意味があります。 そして各々の作家が良い作品を生む 環境を作ること、それが旺玄会の願いです。
  • 設立年月日
  • 昭和7年(1932年)
  • 旺玄会は昭和7年(1932年)以来の歴史を持つ画壇の名門です。翌年昭和8年3月に第1回展が開催されました。長い歴史の中で幾多の逸材を輩出しましたが、常に質において最高を求め、伝統の上に革新を重ねた独自の地位を築いて参りました。
    平成19年(2007年)、東京の六本木に国立新美術館が誕生し、それまで東京都美術館に集中していた公募展の会場が上野と六本木の二極時代を迎える事になりました。
    旺玄会は引き続き上野の地を拠点と致しますが、これを機会に、若い作家への門戸を大きく開いて、会の新たな発展に第一歩を踏み出しております。

公募団体ニュース

公募団体ニュース
公募団体ニュース
  • 第86回旺玄展開催中止のお知らせ
  •  第86回旺玄展は、前回のメッセージで、開催を前提に準備中とお伝えいたしましたが、ここに来て、新型コロナウイルスの感染者が急上昇を見せており、誠に残念ながら、開催を断念致しました。
     出品者、展覧会を支えて下さる関係者の皆様は元より、旺玄展を楽しみにしておられた方々のご期待を裏切る結果となりましたが、今や新型コロナウイルスの終息に向けて、官民一体となって協力すべき事態を迎えており、何卒ご了承の程お願い申し上げます。
     末筆ながら、新型コロナウイルスの一日も早い終息と、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

    令和2年4月7日
    一般社団法人 旺玄会
  • 2020/04/09