ART公募の止まり木「フクロブ」
2019/12/18
1928年,初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され,1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)が顧問に招かれて剣持勇(1921–1971)らの指導にあたります。また建築家アントニン・レーモンド(1888–1976)とインテリア・デザイナー ノエミ・レーモンド(1889–1980)夫妻が,高崎の芸術文化を支援する実業家・井上房一郎(1898–1993)と出会ったのも同じ年でした。翌年,井上はタウトを高崎に迎え,銀座に出店した家具工芸店「ミラテス」でタウトがデザインした工芸品を販売します。この時代,世界そして日本各地で,モダンデザインに託して新しい上質な暮らしを夢見た人々の交流がありました。
ブルーノ・タウト,井上房一郎,アントニン&ノエミ・レーモンド夫妻,インテリアデザイナー 剣持勇,家具デザイナーのジョージ・ナカシマ(1905–1990),彫刻家イサム・ノグチ(1904–1988)による,1930-60年代の工芸品,家具,建築の図面,模型,写真など多彩な作品資料約160点をご覧いただきます。

無料鑑賞券を5組10名様にプレゼント!
※メールタイトルに『モダンデザイン』
締め切り:2020年12月26日(木)15時まで
住所・氏名・アドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
当選はチケットの発送をもって代えさせていただきます。
desk@artkoubo.jp

会期:2020年1月11日(土)~3月22日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※2月7日(金)、3月6日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分)
休館日:水曜日
入館料:
一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料 
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
会場:パナソニック汐留美術館

画像:「あかり33S(BB3スタンド)」1952年頃 イサムノグチ 飛騨・世界生活文化センター蔵
公式:https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/
  • チケットプレゼント!
103ページ中 1ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/12/17
1928年,初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され,
お役立ちインフォメーション
もっとみる