ART公募の止まり木「フクロブ」
2017/06/16
スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。
アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。
またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918−1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。

本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。

チケットプレゼント!
5組10名様。締切り6月22日(木)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『ジャコメッティ展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

「ジャコメッティ展」
● 会期:2017年6月14日(水)〜9月4日(月)
● 会場:国立新美術館 企画展示室1E 
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
開館時間 10:00〜18:00(毎週金曜日・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週火曜日
http://www.nact.jp/
● 観覧料
一般1,600(1,400)円 大学生1,200(1,000)円 高校生800(600)円 中学生以下無料
 *( )内は団体料金
●巡回先:
 愛知展 2017年10月14日(土)〜12月24日(日)豊田市美術館
●展覧会ホームページ:http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

掲載画像:《歩く男?》 1960年 ブロンズ
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
  • チケットプレゼント!
2017/05/10
国立新美術館と森美術館による初の共同企画展覧会
「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980 年代から現在まで」が
7 月5 日から開催されます。
ASEAN10 カ国より85 組(予定)のアーティストを選定、計約180 点の作品を2 館の会場に展示する、国内最大規模の東南アジア現代美術展です。

人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。

「サンシャワー(天気雨)」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。
本展では、自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。

【チケットプレゼント!】
5組10名様。締切り5月22日(月)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『サンシャワー展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980 年代から現代まで」
● 会期:2017 年7 月5 日(水)〜10 月23 日(月)
● 会場:国立新美術館 企画展示室2E /森美術館 
・国立新美術館
 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
 開館時間 10:00〜18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00 まで)
 ※入場は閉館の30 分前まで 休館日 毎週火曜日
 http://www.nact.jp/
・森美術館 
 〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53 階
 開館時間 10:00〜22:00(毎週火曜日は17:00 まで)
 ※入場は閉館の30 分前まで 会期中無休
 http://www.mori.art.museum/
● 観覧料
2館共通:一般1,800(1,600)円 大学生800(600)円
*( )内は前売り料金
単館:一般1,000円(800)円 大学生500(300)円
*( )内は団体料金
※観覧料詳細は下記展覧会ホームページをご覧ください。

●展覧会ホームページ:http://sunshower2017.jp/
●お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

掲載画像: リー・ウェン《奇妙な果実》2003年 Cプリント 36 x 54 cm
  • チケットプレゼント!
2017/04/18
サンシャワー
  • チケットプレゼント!
2017/04/14
フランス絵画の宝庫 ランス美術館展
ダヴィッド、ドラクロワ、ピサロ、ゴーギャン、フジタ・・・

フランス北東部シャンパーニュ地方にある、ランス美術館のコレクションをご紹介する展覧会です。ランス美術館は、歴代のフランス国王が戴冠式を行った大聖堂で知られる古都ランス市に位置し、初期ルネサンスから現代まで、幅広いコレクションを有するフランス絵画の宝庫として世界に知られています。本展覧会はランス美術館の所蔵作品から、17世紀のバロックに始まり、18世紀のロココ、19世紀のロマン派、新古典派、印象派、ポスト印象派まで約70点で構成する、フランス絵画の歴史をたどる展覧会です。また、ランス市に縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品群も併せてご紹介いたします。

チケットプレゼント!
5組10名様。締切り4月20日(木)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『ランス美術展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

● 会期:2017年4月22日(土)〜6月25日(日)
月曜日休館
● 会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
● 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

 新宿西口より徒歩5分
● 開館時間:10:00〜18:00 金曜日は19:00(入館は閉館時間の30分前まで)
●入館料:一般1,300(1,100)円 大学・高校生800(650)円
シルバー<65歳以上>1,100円 中学生以下無料
※(  )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその付添いの方1 名は無料。被爆者健康手帳をお持ちの方はご本人のみ無料。
●ホームページ:http://www.sjnk-museum.org/
●お問い合わせ:03−5777−8600(ハローダイヤル)

掲載画像:
ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
油彩、カンヴァス 73.2×54.5?
Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.
  • チケットプレゼント!
2017/04/03
画像:ターナー「ドレス」1870年代 京都服飾文化研究財団蔵
リチャード・ホートン撮影


明治維新以降の19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、東西の文化交流が、人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたのかを紹介する展覧会です。

明治以降の日本では、西洋からもたらされたファッションやライフスタイルが、急速に人々の暮らしに浸透していきました。一方、西洋へは日本の美術品や着物が輸出され、ジャポニスムのブームが起こりました。日本と西洋の双方にとって、海の向こうの人々は、美しく珍しい衣服を優雅にまとい、自分たちのものとは異なる工芸品で日々を豊かに彩る、「麗しき」他者であったことでしょう。

世界屈指の服飾コレクションを有する京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスや服飾品約100点を中心に、国内外の美術館や個人が所蔵する服飾品、工芸品、絵画、写真など計約200点を展観。日本と西洋が互いの装いと生活の文化をどのように受容・展開し、新しい美を見出していったかをたどります。
(会期中、一部展示替えあり)

チケットプレゼント!
5組10名様。締切り4月10日(月)13時まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『ファッションとアート 麗しき東西交流』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

ファッションとアート 麗しき東西交流 展
● 会期:2017年4月15日(土)〜6月25日(日)
● 会場:横浜美術館
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL:045-221-0300
● 開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
 ※5月17日(水)は20:30まで。(入館は20:00まで)
●休館日:木曜日、5月8日(月) ※ただし5月4日(木・祝)は開館。
●入館料:一般 1,500(1,400)円/大・高生 900(800)円/中学生 600(500)円/65歳以上 1,400円(要証明、美術館券売所のみ対応)
 ※( )内は20名以上の団体料金、要事前予約。
 ※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)。
 ※障害者手帳持参者および付添1名は無料。
 ※本展チケットで観覧当日に限り、横浜美術館コレクション展も観覧可能。
 ※その他の割引料金については別途問い合わせ。
 ※前売り:一般 1,300円/大・高生 700円/中学生 400円
 ※前売券販売期間は2017年2月15日(水)〜4月14日(金)
 ※チケットは横浜美術館、セブンチケットにて取り扱い。
● 特設サイト
http://yokohama.art.museum/special/2017/fashionandart/index.html
  • チケットプレゼント!
13ページ中 3ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ARCHIVE

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2020/02/18
 損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された展示は、
お役立ちインフォメーション
もっとみる